輸出ツールの真価とは

ツールを使ってさくさくせどり

rainbow

せどりソフト、せどりキングを使ってみたよ

せどりキングというシリーズをご存知でしょうか?
過去にせどりキング(初代)、せどりキング2、せどりキング3と販売し、
現在ではせどりキング4という名前になっています。

結構昔からあるソフトで、ナンバリングが大きくなるに連れて機能が増えていっています。
発売した後も、仕様変更に対応するついでに新機能が増えたりとかしてるので、
販売中の今も既に発売当初と比べたら機能が違ってたりします。

どんな機能追加があったかは、過去のパッチ後進でチェックできますよ。

さてこのソフトなんですが、具体的には価格改定や商品の一括出品、
仕入れ先検索などができるソフトになってます。

せどりで必要な3つの行程をカバー出来るということですね。

とくに面倒な改定をループで出来たり、
価格が下がり過ぎないようにボーダーラインを設けたりと細かい設定も出来ます。
結構便利なんですよ、この機能。

FBAアイテムにも対応してるので、FBAも改定できるし、
FBA同士の改定も出来たりします。
自己発送だけじゃなくてFBAにも使えるので、中堅せどらーさんにも十分な機能と言えます。

他にも価格差のある商品を探すこともできるので、刈り取りツールとしても利用できます。
幅広く使えてしまうので、それはそれでちょっと心配ですね。

無在庫で海外アマゾンに出品してみる

海外アマゾンに無在庫で出品をしてみましょう。

え、無在庫!?そんなことして大丈夫!?
と思うかもしれませんが、日本と違うので大丈夫。
日本は2,3日で商品が届かないとクレームものだけど、海外なら1,2週間くらいかかるもの。
それも結構期間はまちまちなのだ。

そして発送先を日本、としておいて、かかる時間も長めに設定しておけば無在庫でも大丈夫。
注文が入ってから仕入れをはじめるだけ。

さて、ではどうやって仕入れていくのか。
アマゾン輸出ツールというものが最近ちょこちょこ紹介されている。
こうったツールで在庫を探してもいいし、
確実に仕入れられるであろう仕入先をこっそり押さえておいて、
出品していく、なんてのもありかもしれない。

ある程度せどり経験者じゃないと難しいので、
初心者の人はツールを利用しておいたほうがいいかもしれないね。

ツールの有無は好き好きなので、さておき。
無在庫で適度に出品して、購入してもらえる様になったらFBAに挑戦してもいいかもしれない。
日本と同様で、海外(例えばアメリカ)に送ればいいのだ。
これもなれるまで難しいと思うので、やっぱり最初は無在庫販売かな。

日本のAmazon用に持ってる在庫があるなら、それでもいいと思う。

色々やり方があるので、試してみて欲しい。